5月 26, 2023 | By dac_admin

DAC 連合の回答全文はこちらをご覧ください:
DAC連合 – 国連FCCC第6.4条SBへの回答

第6.4条 監督機関へ、

私たちが共有する気候変動目標を達成するため、第6条における炭素除去の役割を明確にするための継続的な取り組みに感謝する。

直接空気捕捉連合
ダイレクト・エア・キャプチャー連合
(DAC Coalition)は、80以上の企業、市民団体、研究・学術機関からなる世界的な非営利団体で、気候変動に対処するための直接空気捕捉技術の責任ある開発と普及を促進するために協力している。

まず最初に、監督機関が6.4条メカニズムに炭素除去を含める作業を行ってくれたこと、そして「6.4条メカニズムの下での除去活動」と題する情報ノート(A6.4-SB005-AA-A09 version 0.40)に回答する機会を提供してくれたことに感謝し、謝意を表したい:

まとめると、私たちが特に注目したいのは以下の点である:

  • 人工的除去の役割をめぐる科学的コンセンサス
  • トン当たり会計とその重要性 恒久的なそして 耐久性のあるCO2貯蔵
  • 表3.2で使われている「エンジニアリング・ベース」除去の長所と短所をめぐる表現
  • 国家決定拠出量を達成するための人工除去の役割
  • 過去のステークホルダーからの意見提出に対する謝辞
    SB004意見募集

我々は、二酸化炭素の直接回収・貯留(DACCS)が、炭素除去のための一連の新しい技術的アプローチの一つであることを評価するが、情報ノートに示されている現在のアプローチは、第6.4条メカニズムの下ではDACCSに不利である。 これは、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の広範なモデリングに反している。IPCCは、科学的に支持された気候目標を達成するために気候変動が果たす役割を明確に示している。

DAC連合は、この継続的なプロセスにおいて、引き続き皆様をサポートいたします。

敬具

アーロン・ベンジャミン

英国および欧州リード

ダイレクト・エア・キャプチャー連合

署名者

カム・ホージー

CEO(最高経営責任者

8 川

ライアン・シャーマン

共同創設者兼CEO

エーテル・ダイヤモンド

マット・アトウッド

CEO(最高経営責任者

エアキャプチャー

エリック・ダルグレン

共同創設者兼CEO

エアセラ

ローリー・ブラウン

CEO(最高経営責任者

エアハイブ

ティト・ヤンコフスキー

CEO(最高経営責任者

エアミネーター

マーク・サイフッカ

CEO(最高経営責任者

エアマイン

ジャニーナ・モッター

サステナビリティ・プログラム・マネージャー

ブリンク

ラフール・シェンドゥレ

CEO(最高経営責任者
カーボンビルト

キャリ・オバーン

政策部長

キャプチャ6

エイドリアン・コーレス

CEO(最高経営責任者

カーボンキャプチャー社

ロバート・ニーヴン

会長兼CEO

カーボンキュア・テクノロジーズ

セバスチャン・マンハート

シニア・ポリシー・アドバイザー

カーボンフューチャー

クレア・ネルソン博士

最高技術責任者

セラ

コーリー・パティソン

CEO(最高経営責任者

セラ

ステファニー・アルクサ博士

博士研究員

マイナス炭素排出センター(アリゾナ州立大学)

グレン・マイヤーウィッツ

CEO(最高経営責任者

クレアリティ・テクノロジー

カルライン・ヌーウェン

共同創設者

気候行動プラットフォーム – アフリカ

クリストフ・ボイトラー

チーフ・ポリシー・オフィサー

クライムワークス

マイク・マテス

CEO兼社長
コルメテック

ジョン・ムーア

会長
コルメテック

化学・生体分子工学部、マシュー・J・レアルフ教授、

共同ディレクター

ダイレクト・エア・キャプチャー・センター(ジョージア工科大学)

アーロン・ベンジャミン

英国および欧州リード

ダイレクト・エア・キャプチャー連合

ニコラス・アイゼンベルガー

共同創設者兼取締役会長

ダイレクト・エア・キャプチャー連合

ジェイソン・ホッフマン

共同創設者兼シニア・ディレクター

ダイレクト・エア・キャプチャー連合

エドワード・サンダース

COO(最高執行責任者
エクアティック

サンジーヴ・カグラム博士

監督兼学部長

グローバル炭素除去パートナーシップ

ビルハ・ンディラング

CEO(最高経営責任者

グレート・カーボン・バレー

ヴィクラム・アイエ

グローバル公共政策・渉外部長

家宝

シャシャンク・サマラ

CEO(最高経営責任者

家宝

ノア・マックイーン

共同創設者兼リサーチ部門責任者

家宝

フィル・レンフォース博士

准教授

ヘリオット・ワット大学

ガウラヴ・サント博士

監督

炭素マネジメント研究所(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)

イーモン・ジュバウィ

CEO(最高経営責任者

アイソメトリック

ナタリア・ドーフマン

CEO(最高経営責任者

喜多

ニコラス・チャドウィック

CEO(最高経営責任者

ミッション・ゼロ

テクノロジー

クリス・シャーウッド

事務総長

マイナス・エミッション・プラットフォーム

ジョシュ・サントス

CEO(最高経営責任者

納谷

ダイアナ・マランガ

デヴ。 ポリシー・リード

オクタヴィア・カーボン

クリス・ニードル

共同創設者

オープンエアー・コレクティブ

ライアン・アンダーソン

CEO(最高経営責任者

パラレル・カーボン

ルーシー・ハーグリーブス

コーポレート・アフェアーズ+気候政策担当副社長

パッチ

アイナー・タイセン

CEO(最高経営責任者

削除

アミール・モスレミアン

マネージング・ディレクター

リトラクト

ヴィダ・ガブリエル

共同創設者

株式会社テラフィクシング

5月 24, 2023 | By dac_admin

ダイレクト・エア・キャプチャ連合(DACC)が発足してからすでに1年が経ったとは信じがたい。 この短期間に、我々は は、気候変動との闘いを支援するための直接空気回収(DAC)技術の責任ある開発と普及を進め、加速させる上で大きな前進を遂げた。 気候危機の解決策の一端を担うという共通のコミットメントで結ばれたDACリーダーたちの多様な基盤が、私たちの組織で成長しつつある中、連合はいくつかの重要な最初のマイルストーンを達成した。 それでは、私たちが1年目に成し遂げたことを(網羅的ではないが!)詳しく見てみよう。

ステークホルダー・ロケットシップ:32人から86人へ(そして成長中!)

イノベーターをリードする強力な基盤からスタートした当連合は、32の企業、非営利団体、学術・研究機関から、革新的なDACテクノロジー企業40社近くを含む86の組織へと拡大した(現在も拡大中)。 私たちはしばしば、世界中のステークホルダーがDACに関心を持ったときに、最初に助言を求める組織のひとつである。 私たちは、この分野の成長だけでなく、人々がDACに対して取っている横断的で革新的なアプローチに圧倒されている。

エコシステムを支える

私たちの目標は、DACエコシステムのタイムリーで効果的、持続可能かつ責任ある成長をサポートすることです。 私たちは、レポートライブラリ、FAQ、DAC企業ディレクトリ、ニュースハブ、ビデオライブラリなど、DACに焦点を当てた教育および情報リソースの豊富なリポジトリを作成しました。 月刊ニュースレター DAC派遣DACスペースの最新ニュース、メンバーの最新情報、今後のイベント、空席情報などをまとめました。 まだ登録されていない方は、毎月のDAC受講をお忘れなく。
ここに
.

会員の皆様のお役に立つために、私たちは また、Breakthrough Energy、Patch、Frontier、Climate Agency、Rondo、DNV、NETL、WRIなどのグループを招き、政策変更、バイヤーの洞察、RFPウォークスルー、コミュニケーション戦略、ゼロ・カーボン熱源・電力源、測定・報告・検証の標準化、技術開発と商業化の道筋、進捗状況の追跡などに関するトピックを取り上げた。

ダイレクト・エア・キャプチャーのグローバル・チャンピオン

会議、ウェビナー、ポッドキャスト、メディア記事フォーラムなどを通じて、私たちは気候変動と闘うための直接空気捕捉技術の開発と展開の可能性と必要性について、主要な利害関係者と一般市民の意識を高め、情報を提供するために言葉を広めてきた。

広範で多様な連合メンバーを活用することで、私たちはこれまでも、そしてこれからも、政策に情報を提供する立場にある。 また、政策、金融、学術、アドボカシー、テクノロジーの各分野における主要な意思決定者を対象とした教育セッションも行っている。

パートナーであることを誇りに思う

私たちは、賑やかで成長し続ける炭素除去団体のコミュニティとともに、私たちの活動を支えることを意図して、この連合を立ち上げた。 私たちが最も誇りに思っている人たちの中には、次のような人たちがいる:

連合体の構築、アドボカシー活動、意識向上、広報活動、パートナーシップの促進、知識の共有、コネクティビティ、コラボレーションに重点を置くことで、DAC技術の責任ある開発と普及を推進している。 これらの成果は、DAC連合が地球の持続可能で強靭な未来への道を切り開き続ける中で、今後数日、数カ月、数年のうちにさらに大きな前進を遂げるための舞台を整えるものである。

メンバー、パートナー、オブザーバーの皆さん、本当にありがとうございました。

11月 10, 2022 | By dac_admin

2022年国連気候変動会議(COP27)がエジプトのシャルム・エル・シェイクで開催され、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)締約国198カ国が、気候危機の緩和と適応、そして気候正義の実現に向けた世界的な解決策を見出すために集まる。 気候正義は、「気候変動に対する歴史的な責任は富裕層や権力者にあるが、気候変動は最も貧しく弱い人々に不釣り合いな影響を及ぼしている」という考え方を取り上げている1 さらに、気候正義は、気候変動の影響が、年齢、人種、性別、社会経済的地位、地理的位置などの要因に基づいて不平等に分布しているという事実を取り上げている(ただし、これらに限定されない)。 Continue reading “直接空気捕獲における気候正義の優先事項”

8月 14, 2022 | By dac_admin

先月、「ビルド・バック・ベター」が上院を通過できなかったことで、バイデン大統領の大胆な気候変動への野望は濁流に飲まれることになった。 しかし金曜日、気候変動対策への連邦政府最大の投資であるインフレ削減法(IRA)が、極めて劇的な形で下院を通過し、最終的な承認印が押されるのを待っている。

バイデン大統領が法案に署名すれば、2030年までに排出量を半減させるという2015年のパリ協定の目標が復活することになる。 プリンストン大学のREPEATプロジェクトによる分析では、IRAは2030年までにアメリカのCO2排出量を2005年比で42%削減すると推定している。 ギガトン単位で厳密に計算する読者の皆さん、そしてDAC愛好家の皆さんにとって、これはプリンストン大学のREPEATのジェシー・ジェンキンスによる「現在の政策ベースラインと比較して、2030年に0.8-1Gtの炭素排出削減が追加される」という分析に相当する。

このため、IRAは気候変動対策に3,690億ドルを計上し、その大部分は、自然エネルギー、電気自動車、ヒートポンプ、代替燃料の生産と消費の両方を対象に、米国産業の継続的な脱炭素化に貢献する。 レクソロジーの記事 今週発表された、気候変動とエネルギーの受益者全員の詳細な内訳が記載されている。

法案の焦点は、クリーンエネルギーと再生可能エネルギーであるが、以下に、直接空気回収(DAC)がどのような影響を受けるかを、点源炭素回収と直接空気回収のポスターボーイ税額控除から説明する:45Q.

45Qの新しい外観

IRA以前の税額控除は、企業がCO2を回収し、耐久性をもって貯蔵した場合、1トン当たり50ドル、または製造工程(例えばコンクリートや代替燃料など)で利用した場合、1トン当たり35ドルの税額控除が認められていた。 これはポジティブなことではあったが、DACの新興企業の間では不満が渦巻いていた。その大半はまだパイロット段階にあり、クレジットの恩恵を受けるために必要な年間10万トンの捕獲能力がなかったのだ。 規模を拡大するためには資本を確保することが不可欠であったにもかかわらず、この融資は効果がなかった。

IRAはすべてを変え、「より多くの資金、より多くの時間、そして[benefitting] より小さなプロジェクト」を提供する、とPatchの政策専門家であるルーシー・ハーグリーブスは簡潔に表現している。 その内訳を説明すると、新しい45Qは、耐久性のあるCO2貯留に対して従来の3倍以上の180ドル/トンのクレジットを提供し、CO2利用を130ドル/トンに引き上げる。 しかし、前述したように、企業が最低限の捕捉要件を満たすことができなければ、より多くの資金を提供しても効果はない。 IRAは、企業がクレジットを利用するために必要なのは年間1000トンの捕獲のみであるとしており、新興のDACエコシステムの大部分を占める、多数のDACスタートアップ企業、大学のスピンアウト企業、小規模施設に財政的な安心感を与えるだろう。 また、小規模なプロジェクトは、プロジェクト開始後5年間、クレジットの全額を直接支払うことができるようになり、間違いなく野心的な拡大計画を支援する資本を提供できるようになる。

さらに、45Qの強化により、DAC企業は対象施設の建設期限を7年間延長される(2033年1月1日まで)。 これにより、研究プロジェクトやDAC技術の準備にまだ早い段階にあるプロジェクトは、計画を実現するためのより多くの時間と安心を得ることができる。

CO2利用と再生可能エネルギーへの支援を拡大

法案には他にも、低炭素建築物や低炭素材料の使用(カーボンキュアや カーボンビルドのようなCO2利用企業にとって大きな勝利となる)に21億5000万ドル、さらに低体積炭素ラベリングの構築支援に1億ドルが投資される。 45Qの改定と連動して、これらの資金は、隔離されたCO2を低炭素コンクリートの製造に利用しようとするDAC企業を支援する。 しかし、この法案で恩恵を受けるDAC+利用経路はコンクリートだけではない。 代替燃料(シン・フューエルとして知られる)の排出枠は2024年末まで延長され、持続可能な航空燃料の開発に2億5,000万ドルが投入された。

再生可能エネルギーのコストは、生産税額控除に300億ドルが割り当てられることで、さらに下がると予測されている。 クリーンで安価なエネルギー源を持つことの影響は、二酸化炭素除去の生態系にとどまらない。しかし、多くのDAC事業でエネルギーを大量に消費する再生工程は、解決策を手渡されたにすぎず、ひいては多くの批判者に対する反証となったのかもしれない。

とりわけIRAは、米国が炭素回収・除去産業の現実を支持しているという強いシグナルを世界に送ることになる。 これは、4年間(2023年~2026年)にわたり炭素除去の研究開発に10億ドルの資金提供を約束するCHIPSおよび科学法(2022年8月9日成立)と並んで、「連邦政府による直接的な支援を通じてだけでなく、民間部門に市場の強さを示すことによって、炭素除去を活性化させるものである」とベン・ルービン事務局長は述べた。 カーボンビジネスカウンシル

2030年に思いを馳せると、2022年は炭素除去政策にとって変革の年となるだろう。 気候変動に取り組むすべての人々に静かな楽観主義が浸透している今、私たちはセンセーショナルな報道をしないよう注意しなければならない。 道は長く、曲がりくねっているが、もう砂漠をさまよっているわけではないのは確かだ。

6月 15, 2022 | By aaron_dac

2週間前、私たちはDACの世界的な展開と動員を推進する、最初で唯一のマルチステークホルダー連合であるダイレクト・エア・キャプチャー連合を発足させた。

ギガトン規模の炭素除去の必要性は、今に始まったことではない。 それは学界でつぶやかれ、DACの先駆者たちによって標的にされ、VCによってヘッジされ、政策立案者たちによって慎重に(慎重すぎると言う人もいるかもしれない)アプローチされてきた。 しかし、この業界がいかに発展途上であるかを考えれば、これは驚くべきことではない。 しかし、IPCCのシナリオの中で最も懸念されるシナリオを回避するためには、私たちの惑星的使命である気候のリバランスの緊急性を過度に体現するようなペースで昨日のCO2を除去するだけでなく、「なかなか減らない」排出問題を解決する解決策を見つける必要がある。 これとは対照的に、私たちの使命はシンプルだ。2030年までにギガトンの二酸化炭素排出削減を達成する方法について、統一された揺るぎないアプローチを提示できるよう、DACを中心に社会を教育し、関与させ、動員することである。

連合を動かすエンジン

トン、目標、気温の中で、自分たちではどうしようもないこともあると考えがちだ。 しかし、人間の行動が現在の状況を招いたのであれば、人間の行動が解決策を見出すだろう。 この希望が連合を支えている。

パンデミックの流行期から2022年にかけて、6カ国に散らばる10人のボランティア(そのうちの何人かはフルタイムの仕事を辞めた)に支えられ、毎週会合を開いているDAC連合は、この人間的側面を体現している。 私たちは、気候リスク管理から金融、気候政策の泥沼、そしてグローバル・マーケティングや科学コミュニケーションに至るまで、気候変動全般にわたる経歴を持ち、この豊富なスキルを駆使して、ギガトン級の炭素排出削減が関与する社会セクターとつながり、関わっています。

連合メンバーのニーズを中心に据えたボトムアップのビジョンは、グランサム財団の支援を受けている。

3つのアプローチ

新生炭素除去市場の骨格を作り上げるには、大規模な調整が必要であり、関係者が同じ賛美歌集を読む必要がある。 DACをめぐる誤解や誤った情報は、すでに私たちの連合メンバーが経験している現実的かつ現在の問題である(下図参照)。

このような懸念に効果的に対処するため、私たちは3つのアプローチを開発した。

  1. 意識向上と教育– 新たなアクターや意思決定者とDACの最前線との間のタイムラグを短縮することが切実に必要である。 そのため、明確で信頼できる情報を提供することが、私たちのアプローチの中心となる。 第一弾のDAC報告書(第一線で活躍する人々の生の声)を委託し、DACのリソースや話題のセクター・イベントのキュレーション・ライブラリーを提供することで、DAC企業内の時間とリソースを解放し、事業目標の達成により多くの時間を費やせるようにしたいと考えています。
  2. コネクティビティとコラボレーション– 連合メンバーと主要な社会的プレーヤーとの間で、積極的かつ行動指向の議論を促進することが、強固なDAC市場を実現するための基礎となる。 私たちは、政策、金融、株式、テクノロジー、イノベーションの側面について、影響力のある人々が協力し合える場を提供することを目指しています。
  3. エンゲージメントとイネーブルメント– 私たちは、この領域が進化し続け、私たちの集合的パズルの重要な部分が掘り起こされ、すべてのステークホルダーがそこから学ぶことができる教訓が明らかになることをよく知っています。 一般市民、NGO、研究機関との明確な双方向コミュニケーションを構築することで、私たちは知識ベースを拡大し続け、情報を得たいと願う人々に、それぞれの環境において意思決定を行うための十分な準備をさせていく。

最近の新市場と類似しているが、市場創造のきっかけは何度も何度も共通している:アドバンスド・マーケット・コミットメント(AMC)、市場に影響を与える有利な政策、そしてダイ・エリスが最近のブログで「クォーターバッキング」と呼んでいる考え方などである。 サッカーに喩えれば、個々の自発的な行動よりも、いくつかの原型を通した行動が最も効果的であるという考え方だ。 DACコミュニティのクォーターバックとして、私たちは連合に参加する数多くのプレーヤーのニーズや提案に基づいて、ピンポイントで努力を行うことができるだろう。 これは、政策提言、知識不足の補填、人材発掘といった形をとることもある。 DACに関するあらゆることをワンストップで提供できるようになることで、私たちはこの黎明期の技術をより迅速かつ強固に拡大することができる。

時間が命。

ここ数年、DACへの関心は急上昇している。 2018年を振り返ると、熱心なDAC愛好家でさえ、ラボのベンチから(比喩ではなく文字通り)トンCO2を実際に除去している企業をほんの一握りしか知らなかった。 それから4年が経ち、技術準備レベル(TRL)の異なる45以上のプロジェクトを数えるようになった。 この数字は、DACに対する社会的関心の高まり、(公的資金と民間資金の両方からの)恵まれた資金調達状況、XPRIZEのような宝くじがお小遣いに見えるほど高額な賞金を獲得できるコンペティションに後押しされたイノベーションへの旺盛な意欲と同義で、今後も増え続けるだろう。 最も重要なことは、各国政府が協力的な公共政策の基礎を固め始めたことである。このパラダイムは、太陽光発電のコストが学習曲線を下り始めるための門戸を開いた。 2030年までにカーボン・マイナス・ショットを達成する米国のDOEや、DACハブへの35億ドルの投資、あるいは英国の1億ポンドのDACと温室効果ガス除去のコンペティションなど、どのようなものであれ、他に類を見ないプロジェクトの商業化を支援するものである。 目はこのスペースに釘付けになり、その進化に投資し、トンあたりの価格がどのように下がるかを熱心に見ている。

この分野に参入する企業が増え、私たちの連合が成長すれば、炭素を回収する企業の声がさらに増えるだろう。 私たちは、DACが協調して組織化された声を提供することで、メンバーのニーズを増幅し、グローバルなマルチステークホルダーのメンバー、パートナー、オブザーバーを調整することで、共同体としての解決策を見出すことができると信じている。 企業レベルでも州レベルでも勇気が求められている今、リーダーや意思決定者が専門家や最新の教育リソース(DACレポート・ライブラリを参照)にアクセスし、科学的根拠に基づいた確実な意思決定を可能な限り短期間で行えるようにすることが極めて重要である。

すべてのDAC愛好家の間で盛んなコミュニティを立ち上げられることが、私たちの共通の願いです。 政策立案者から「#workonclimate」を目指す皆さんまで、明日をよりクリーンで、より公平な未来にするために、私たちの使命にご参加ください。

バリューチェーン全体におけるDACの最新動向については、ニュースレターを購読するか、LinkedInや Twitterでフォローしてください。

本記事における見解は、著者個人のものである。