11月 10, 2022 | By dac_admin

2022年国連気候変動会議(COP27)がエジプトのシャルム・エル・シェイクで開催され、国連気候変動枠組条約(UNFCCC)締約国198カ国が、気候危機の緩和と適応、そして気候正義の実現に向けた世界的な解決策を見出すために集まる。 気候正義は、「気候変動に対する歴史的な責任は富裕層や権力者にあるが、気候変動は最も貧しく弱い人々に不釣り合いな影響を及ぼしている」という考え方を取り上げている1 さらに、気候正義は、気候変動の影響が、年齢、人種、性別、社会経済的地位、地理的位置などの要因に基づいて不平等に分布しているという事実を取り上げている(ただし、これらに限定されない)。

今年のCOPでは、初の気候正義パビリオンがブルーゾーンに設置され、UNFCCCにとって比較的新しいコンセプトとなる2 気候変動がもたらす、人々が適応できる範囲を超えた結果」に見舞われた開発途上国に対して、先進国が経済支援を提供することへの支持が高まっている3 COP27では、グラスゴーで開催されたCOP26の勢いをさらに加速させるため、この概念(損失と損害として知られる)やその他の気候正義のトピックを探求する。

COP26を受け
ダイレクト・エア・キャプチャー連合
(DACC)は、COP27が炭素除去活動をより重視していることを喜ばしく思う。 IPCCの第6次評価報告書によれば、国際的な気候目標を達成するためには、排出削減に加えて炭素の除去が必要となる4。

今年のテーマである “Together for Implementation “は、DACCのメンバーの何人かを鼓舞し、気候正義のために働く直接空気捕獲(DAC)のベストプラクティスを集団で作り出そうとするものである。 COP27を前に、DACCは会員が最も共感する気候正義の原則を選択できるアンケートを実施した。 以下の5つの原則が目立ったが、これは決してDACに含まれるべき気候正義の実践の包括的なリストではない。 DACのプロジェクトはそれぞれ異なるため、地域社会のニーズに合わせて調整する必要がある。 ステークホルダーの参加は、DAC施設の開発、実施、運営にとって極めて重要であり、歴史的に社会から疎外されてきたグループ、最前線のコミュニティ、そして先進国が、DACの文脈の中で、気候正義が自分たちにとって何を意味するかを決定できるようにする。

  1. DACプロジェクト 施設周辺の地域社会にコベネフィットをもたらすべきである。

DACプロジェクトは、公正な賃金と労働条件を伴うグリーン・ジョブを創出する機会である。 典型的な容量1メガトンのDAC施設は、DACのサプライチェーン全体で約3,500の雇用を創出し、メンテナンス、修理、操業のために地元で数百の雇用を創出することができる5 さらに、DAC施設はパイプラインのインフラを利用することが多いため、DAC領域での新規雇用と、クリーンエネルギー移行とは相容れない雇用との間に重複があることを示している可能性もある。

また、DAC施設は地域の環境にも貢献することができる。 これには、大気中の二酸化炭素や粒子状物質を捕捉する技術による地域の大気汚染削減も含まれる。 さらに、ブラウンフィールドを浄化し、DAC施設の用地として活用することもできる。

  1. DAC施設のコストは、歴史的に世界の温室効果ガス排出量に最も貢献していない人々には負担されない。

DACのプロジェクトは、人為的な気候変動に対する責任が最も小さい人々にコベネフィットを提供するように設計されるべきである。 このため、DAC企業は、これらの地域社会に悪影響を及ぼし、意図した利益とは逆の効果をもたらす潜在的なリスクを軽減するために、広範なデューデリジェンス・プロセスを実施する責任を負うことになる。 さらに、プロジェクト費用は最大排出者が負担すべきであり、排出者自身が責任を負うべきである。

  1. プロジェクトの開発、実施、運営のすべての段階を通じて、歴史的に疎外されてきたグループ、多様な視点、最前線のコミュニティが意思決定のテーブルにつく。

ステークホルダーの参加は、DACのプロジェクトにおいて、ともすれば聞き流されがちな声を確実に増幅させるために極めて重要である。 意思決定の場にこうした声を反映させることで、地域社会のニーズにうまく対応し、潜在的な懸念を軽減するDACプロジェクトが実現する。 さらに、複数の分野の多様な視点からの意見を聞くことは有益である。 DACは気候危機に対処するための比較的新しい解決策であり、できるだけ多くの声を取り入れるべきである。

  1. モニタリング、報告、検証は透明性が高く、付加性と耐久性を保証し、包括的なライフサイクル分析を提供する。

DACは、企業のグリーンウォッシングではなく、真の気候変動解決策を提供しなければならない。 DAC企業は、プロジェクトの追加性、つまり他の方法では発生しなかったであろう排出削減量を証明できる、信頼できる第三者検証機関を利用すべきである。 さらにDACは、回収した二酸化炭素を安全かつ恒久的に保管しなければならない。 最後に、総合的な環境コストが環境便益を上回らないように、すべてのDAC施設について包括的なライフサイクル分析を実施すべきである。

  1. DAC施設は、新たな汚染を避け、再生可能エネルギー生産を促進するため、クリーンなエネルギー源を利用すべきである。

ネット・マイナス排出を達成するために、DAC施設は地熱、風力、太陽光などの再生可能エネルギーを利用すべきである。 DACは、再生可能エネルギー源を施設の電力源として利用することで、再生可能エネルギー開発業者とパートナーシップを結び、新たな市場でクリーンエネルギーを普及させることができる。 さらに、DAC施設は、既存の再生可能エネルギー施設を長期オフテーカーとして支援し、送電制約のある資源を利用することで、再生可能エネルギー負荷の増加を支援することができる。

*本記事で述べられている見解は、ダイレクト・エア・キャプチャ・コーリションのすべてのメンバー企業やパートナー団体の見解や立場を100%反映しているわけではない。

脚注

1 Gabbatiss, J. & Tandon, A. “In-depth Q&A:「気候正義」とは何か?”
CarbonBrief.

https://www.carbonbrief.org/in-depth-qa-what-is-climate-justice/
(2021).


2
“環境正義グループがCOP27で初の気候正義パビリオンをデビュー”
環境正義のためのディープサウスセンター
.
https://www.dscej.org/the-latest/environmental-justice-groups-debut-first-ever-climate-justice-pavilion-at-cop27
(2022).

3 Bhandari, P., Warszawski, N., Cogan, D., & Gerholdt, R. “What Is ‘Loss and Damage’ from Climate Change?6つの重要な疑問に答える”.
世界資源研究所
.
https://www.wri.org/insights/loss-damage-climate-change
(2022).


4
IPCC, 2022
:
政策立案者向けの要約。 で: 気候変動2022:気候変動の緩和。 気候変動に関する政府間パネル第6次評価報告書への第3作業部会の貢献 [P.R. Shukla, J. Skea, R. Slade, A. Al Khourdajie, R. van Diemen, D. McCollum, M. Pathak, S. Some, P. Vyas, R. Fradera, M. Belkacemi, A. Hasija, G. Lisboa, S. Luz, J. Malley, (eds.)]. Cambridge University Press, Cambridge, UK and New York, NY, USA. doi: 10.1017/9781009157926.001

5 Larsen, J., Herndon, W. & Hiltbrand, G. “Capturing new jobs and new business:直接空気捕獲のスケールアップによる成長機会”. ロディウム・グループ
新規雇用と新規事業の獲得:ダイレクト・エア・キャプチャー・スケールアップからの成長機会|ロジウム・グループ

(2020).